派遣の単発アルバイト メリット

 

派遣で単発のアルバイトとは?

派遣の短期バイトではたらく女性

 

「派遣」で働く単発アルバイトは、短期間勤務を好む方にとって向いています。同じ職場でずっと働いていると、人間関係が悪化してくることはよくあります。社員やアルバイトスタッフの間で派閥ができることも多くなり、逆らってはいけないボス的存在も現れてくるものです。その点、派遣の単発アルバイトは、職場の人間関係で悩みたくない方に最適なのです。

 

単発バイトと言っても、すべて1日のみの勤務とは限りません。数日から1〜2週間程度など短期間のアルバイトも含めて単発バイトと呼ばれることが多いです。いずれの場合も勤務日数は少ないため、人間関係のトラブルに発展する可能性は低いでしょう。もし嫌いな上司、ウマが合わない同僚がいても、すぐにその職場は辞めることになるので深刻な問題ではありません。

 

「オープニング」のスタッフは働きやすいか

新店舗の開店や、改装などによりスタッフが大幅に入れ替わるケースがあります。いわゆる「オープニング」スタッフとして募集される求人です。このオープニングスタッフの職場は、総じて人間関係がよい傾向があります。みな「1」から一斉のスタートになるので、スタッフ間の上下関係がなく立場は横並びです。

 

また、これから新しくやっていこうというアットホームな雰囲気があり、非常に働きやすいのがメリットと言われます。老舗と呼ばれる職場ほど、ボス的存在がいる可能性が高くなりますので、そうした環境が苦手であれば、オープニング期間に募集される求人情報をチェックするのが良いでしょう。時期にもよりますが、意外と多くバイトやパートの求人募集が掲載されていることに気付くでしょう。

 

単発で多種多様な経験を積める

派遣の単発バイトは、色々な仕事、業種を経験できるのもメリットの1つでしょう。

 

本当に自分に合った仕事というのは、経験しなければ絶対にわかりません。自分とは相性バッチリだと思っていても、実際に働いたら1日で気が変わったという方は多いのです。どんな仕事にも言えることですが、想像しているのと働いてみるのとでは大きなギャップがあります。そこで、短期や単発の仕事で多彩な職業、シチュエーションを経験しておけば、自身の適性もよく見えてくるものです。

 

就職を控える学生さんや、定職を持たないフリーター、自分の適性がわからない主婦の方など、まずは派遣や登録性の単発バイトで経験を積んでみるのも職探しで失敗しない賢い方法です。

 

単発は面接に受かりやすい

面接に通過しやすいのも単発の派遣アルバイトのメリットでしょう。
単発バイトはスキルやキャリアよりも、応募スピードで採用者を決定することが少なくありません。つまり、単純に早く応募した方が採用されやすいのです。先着順で採用されるケースが多いので、先延ばしするのは一番いけません。単発バイトを効率よく探すコツは、ズバリ、新着求人を毎日こまめにチェックしておくことです。気になる仕事が見つかったら、その場で応募をするのが採用を確保するコツです。

 

 

単発バイトはちょっとお金が欲しいときに利用される方が多いです。お小遣いや生活費が足りなくなった大学生や高校生、暇に悩んでいる主婦など、数万円程度稼ぐにはちょうどよいアルバイトとして人気があります。

 

医療系のアルバイトですと、日給1万円以上もらえる仕事も多いです。週に2日働くだけでも、月に8万円程度も稼ぐことができます。最近では治験(ちけん)モニターなども高収入バイトとして注目されています。

 

単発バイトだから、必ずしも1回で終わりというわけではありませんし、週に1回など定期的に働ける職場もあります。学校や家事と仕事を両立したい方にとって、派遣の単発バイトは最適な働き方と言っていいでしょう。派遣会社や登録制バイトの求人サイトに登録しておき、よい仕事が見つかったら紹介・斡旋してもらうこともおすすめです。

 

派遣の単発アルバイトにはどんなメリットがある?単発で働くバイトの方法関連ページ

アルバイトの時給と最低賃金について
バイトで働く上で一番の目的はお給料をいただくことです。しかし、注意しなければならないお金のことはイロイロあります。アルバイトを始める前に知っておくべき『最低賃金』とその法理的な背景について解説いたします。