ラップサイディングが作り出す雰囲気

ラップサイディングは、従来の日本の木造家屋にもよく見られる、伝統的な建築方法です。細長い板を丁寧に一枚一枚、重ねて貼り付けていく仕様であり、欧米などの住宅にも多く見られる工法だといえます。

長い歴史をもつ、ラップサイディングは少しずつずらして板を重ねるため、それがそのまま陽の光の中で陰影を作り出すために、外壁に美しさを醸し出しているともいえるのです。新旧を問わず、どのようなタイプの建物にもマッチするサイディングでしょう。